婚活パーティーで3秒で親密度を高め好印象を持ってもらう方法

婚活パーティーでは、短時間で相手に好印象を持ってもらわなければいけません!


婚活パーティーによっては、一人の人とトークタイム2分+フリータイム3分の計5分程度しか話せないものもあります。

たったそれだけの時間で相手に好印象を持ってもらうのは至難の業です。

そんな婚活パーティーで、たった3秒で親密度を高め、好印象を持ってもらう方法を知っていますか?

これは誰にでも簡単にできるのに、あまり誰もやっていない方法です。


相手を○○で呼ぶだけで親近感がアップ

婚活パーティー

早速ですが答えを言います。それは、

相手を名前で呼ぶことです!

名前と言っても、姓名の名の方ではなくて姓の方です。いきなり初対面の人を名の方で呼んでしまったら、嬉しいとお思う人もいるかもしれませんが、ほとんどの方は軽い男性だとか遊んでる女性などと思われることでしょう。

幸いなことに、婚活パーティーではプロフィールカードに相手の名前が書いてあるので間違うことはありませんね。

相手を名前で呼ぶことが親近感を高めるということは、仕事で営業をやっている人にとっては当たり前の事かもしれませんね。

ドライブが好きなんですね。私もドライブは好きなので、ぜひ一緒にドライブに行きたいですね。

佐藤さんってドライブが好きなんですね。私もドライブは好きなので、ぜひ佐藤さんと一緒にドライブに行きたいですね。



どちらが親近感が湧くでしょうか?

もちろん後者ですよね。自分の名前を呼ばれて不快な人はいません。

ただし、名前を呼びすぎてもいけません。逆に不自然ですしわざとらしくなりますのでほどほどにしましょう。


名前は特別なキーワード

誰にでも言えることですが、名前は自分にとっての特別なキーワードです。

何かを読んでいて、自分と同じ名前があったりすると、そこで目が止まってしまいます。

また、ざわついて声が聞こえにくい場所にいても自分の名前が聞こえると、なぜか聞き取れてしまいます。

それほど人間は自分の名前には敏感なのです。

ですので、あなたが相手のことを名前で呼んだことは、必ず相手は気付きますし印象に残ります。


次の婚活パーティーで、さっそく実践してみましょう♪


お電話でお問い合わせ

メールでお問い合わせ